アストラルに魅せられて

アラサーOLまおのゆとりな徒然絵日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念日

めっちゃ久々の更新です。
いやぁ、なんて言うんですかね。
心のゆとりがないというのはこの事か!!
という事を現在進行形で思い知ってるような状況です。

そんなに言うほどバタついてるわけでもないんですけど
仕事量もそんなにあるわけでもないんですけど
なんか知らんけどなんやかんやで追い込まれてる感じ。

PCも久々に豪快に壊れてしまうし
もういったいどないせーっちゅーんじゃーヽ(`Д´)ノ
とまぁそんな2週間でございました。。

皆さん、お元気でしょうか。。。

今日はまぁなんとなく、ちょっとマシかなぁって感じで
ようやく記事の更新できる精神状態な感じですw


そんなわけでホントは昨日書こうと思ってたんですが
昨日って実はオカルト記念日だったらしいんですよ!!

なんでもホラーブームの火付け役となった映画
「エクソシスト」の公開日だったらしく、それを記念して
オカルト記念日という事にしてるらしいですw

そんな映画「エクソシスト」ですが、あの映画は
悪魔パズズが取り憑いてしまった女の子を
エクソシズムするというのが大筋な流れです。

パズズと言えば、古代バビロニア神話に登場する
風を司る魔王で、当時の厄災であるバッタの被害
いわゆる蝗害を操っている悪霊なわけです。

なんていうか、こう。。。女の子に取り憑いて
イタズラする悪霊とこの魔王パズズとでは
スケール感が違いすぎるような気がしないでもないw

ていうか、映画評論のページとかを見てみたりすると
実はパズズではなく、ベルゼブブをイメージして作ったと
いう解説なんかもあるんですけど、どこからどう見ても劇中に
出てくるのは誰がなんと言おうとパズズの像ですし
アブラハムの子孫達がエジプトに連れて行かれている間
約束の地カナンを統治していた人たちによって崇拝されていた
慈愛の神バアルを描いたにしてはあまりにも陳腐すぎます。。

そもそも、偉大なるバアル:バアル・ゼバブだったのが
語呂が似ているからという事で蝿のバアル:バアル・ゼブブ
となって、蝿の王の悪魔となっただけで、バアルは思いっきり
主神なわけで、やっぱりどう考えてもスケールがちっちゃい。。

ま、それはまぁ映画なので良しとしておきましょうw
というか、この映画では完全に祓う事ができずに
そのまま神父に乗り移らせて、窓からダイブして
神父もろとも死んでしまうという結末だったわけですけど
エクソシズムには本来、その本当の名前を唱える必要があります。

これは別にキリスト教圏だけの話ではなくて、古今東西
日本においても、昔から名前というのはそのモノを縛る「呪」
としてとらえてますよね~。

聖書に出てくる神、創造主であるY.H.W.Hも
その真の名を呼ばれることで人間に使役されてしまう
可能性があることから、十戒の契約において名前を
伏せてしまいましたね。なので四文字で表現されるわけですが
そのモノの存在、意義、意味を縛ってしまう「名前」は本当に
大事にしたいなと、なんとなくそんな風に思った昨日でした。。。



ん~。。。




無理矢理終わった感がハンパないwwww




今日はまぁこんなところでw

*CommentList

ハンゲ

あ、ハンゲームの事ではありませんw

今日で7/1、2016年も折り返しとなりましたね~。
そんな今日は半夏生(はんげしょう)。

雑節の一つで、梅雨の終わり頃の事を言います。
確かに今日はめっちゃ晴れてて暑い!!!

半夏生というとあんまり馴染みがないかもしれませんが
昔は田植えはこの時期までに終わらせて5日間の
休息を取るという風習がありました。

なぜならこの時期、天から毒が降ってくるためです。。

ちょうどこの半夏生という名前の由来ともなっている
毒草、半夏(別名カラスビシャク)が生える頃でもあります。
ちょうど暑くなってくる時期もであるので、休息をとるための
昔の人の知恵なのかもしれませんね~。

なので、この時期は井戸にも蓋をして毒が入らないようにしたり
この時期にとった野菜は食べてはいけないという言い伝えも
あったり、なんせ安息日として半夏生から5日間は何もしては
いけないという期間だったのです。

もしこの時期にまだ農作業をしていると、天から降ってくる毒
にやられちゃう事もさることながら、もう一つの厄災に襲われます。







それは妖怪ハンゲに遭遇してしまうのです。。


熊野古道で有名な熊野地方や伊勢志摩地方に
伝わるんですが、詳細は一切不明な謎の妖怪ハンゲ。

天から降ってくる毒や半夏の毒はこの妖怪の仕業
とも言われていたり、遭遇したらどうなるのか?
というのは一切触れられていない謎の妖怪。
きっと涼しい時期に仕事をさぼっていて、この時期まで
農作業をしてたら熱中症で倒れたりとか、そういうのを
妖怪の仕業として戒めたんだとは思いますが、それにしても
もう少し何かあってもよさそうなもんです。。(^_^;)

そんなこの半夏生の時期はタコを神へのイケニエとして
捧げ、その8本ある足のように稲に根が生え、吸盤の
ように、作物が実るよう祈祷がなされました。

なのでこの時期にはタコを食べる風習が
今もまだ残ってたりするんですよね。



そんな昨日の我が家の夕食はタコ。




IMG_0812.jpg



何の気なしに食べててふと思って

私「あ、そっか。明日って半夏生か。」


とつぶやくと


母「なにそれ?w」



私「えww
  半夏生やからタコにしたんやないの?」


母「知らんよ~。安かってんwww」




ぉ、ぉぅ。。。




まぁ、確かにそんなもんよね。
*CommentList

映画観

ある所に、ひとりの家の主人がいたが、ぶどう園を造り、
かきをめぐらし、その中に酒ぶねの穴を掘り、
やぐらを立て、それを農夫たちに貸して、旅に出かけた。
収穫の季節がきたので、その分け前を受け取ろうとして、
僕(しもべ)たちを農夫のところへ送った。
すると、農夫たちは、その僕たちをつかまえて、
ひとりを袋だたきにし、ひとりを殺し、
もうひとりを石で打ち殺した。
また別に、前よりも多くの僕たちを送ったが、
彼らをも同じようにあしらった。
しかし、最後に、わたしの子は敬ってくれるだろうと思って、
主人はその子を彼らの所につかわした。
すると農夫たちは、その子を見て互に言った、
『あれはあと取りだ。さあ、これを殺して、その財産を手に入れよう』。
そして彼をつかまえて、ぶどう園の外に引き出して殺した。
このぶどう園の主人が帰ってきたら、この農夫たちをどうするだろうか」。


        マタイによる福音書第21章33-40節








私は映画が好きだ。
このブログに再々来て頂いてる方々に
とっては、今更何を?と思うかもしれない。
だいたいの映画は見るけども、私が好きと
言う映画は、概ね一般受けはしない。

とりわけ、R指定の入っていないような
いわゆる「緩めのハッピーエンド」な映画は
まず自分から見ようとは思わないし、リア友が
一緒に見ようと言っても、なかなかに腰が重い。
子どもが見たいと言えば、それは喜んで見るだろう。
たぶん、大多数の人達と見てるポイントが違うんだと思う。

例えばホームアローン。
とてもかわいい男の子マコーレ・カルキンくんが
主演の大ヒットしたハートフルコメディ映画だ。
でも私はこの映画の話題になると、どちらかというと
主演のマコーレ・カルキンくん本人の人生のほうが
よっぽどドラマドラマしていると思うし、彼をとりまく
大人達の業を映画化して見てみたいと思ってしまう。

別に転落した人生を歩む彼を見てメシウマザマーwwww
とかいうのではないので、その辺は誤解しないで欲しい。

そういう人の業や、精神的な動き、人間というものの本質。
そういった所にちゃんとメスを入れて、確かにそれは毒かも
しれないけれども、そういう心理的な動きが大好きなのだ。
そして思いも寄らない発想と、そういった精神的な作用が
相反しないストーリー展開を愉しんで見ているわけで
登場人物を演じている人よりも、その話の中の人への
感情移入ができるかできないか、その心理がいったい
どういう動きをしてそうなっていったのか。
この映画を通じて監督や制作陣達はいったいどんな
メッセージを投げかけようとしているのか、裏テーマは何なのか?

というのを全力で考えながら見るのが大好きであって
だから一瞬も見逃したくないし、おそらく見始めてからは
話の中に入りきって脳をフル回転させてるし、その余韻は
終わった後も続いてて、しばらくそれについて考えるのが好きだ。

だから終わった直後にあーだったこーだったと話をするのは
好きじゃなくて、解らなくても解るまでしばらく自分なりに
考えたり妄想したりして、それがまとめられてようやく私の

「面白かった」

になって、そして最終的にはブログ記事へとなるのである。


そう言った意味では、人の業や感情といったものを
描くという面において、ホラー映画は抜群にいい題材
だし、私が好んで見る映画というのは人の本質から
逃げずにちゃんと業を描いていると想える作品を選ぶ。

多種多様の価値観を持った人達が、多種多様の
思惑の中で社会を動かしているわけであって
その中で万人が万人ともに共感しあえる
ハッピーエンドなんていうものは私はこの世には
絶対に無い事だと想うし、それを映画で描いたところで
確かに見てる間や直後は愉しいかもしれないけれども
だからといって、それが私の心の中に堕ちる
という事は無いかなと思う。

あ、でも「プラダを着た悪魔」は私的には良かったかな。
共感できたのは主人公じゃなくて鬼編集長だけどねwww



そんな話をこの土曜日酔っ払いながら力説してたら



「そーとー病んどるな。。。」



って言われてしまいましたですwwwwww



私の闇は深いらしいです。。(ΦωΦ)フフフ…



*CommentList

タブー

宗教と選挙の話はネットではタブーとよく言われます。

まぁネットに限らずリアル生活においても
なかなかこの辺はタブーで触れにくい問題でもあります。

とはいうものの、宗教については私は
触りまくり、いじりまくり、つい先日の記事では
原理主義の方々が見てしまったら私自身
消されてしまうのではないかと思ってしまうくらい
そうとうにいじり倒しているわけです。

とりわけ今年は選挙イヤー♪

参院選も公示されたし、都知事選もあるし
18歳選挙権もあるしで選挙が盛り上がってる年なので
タブーを恐れず、この話題についても触れたいと思います。



私、前からずーーーっと思ってたんですよ。



























AKB総選挙ってホントに選挙なのか?



と。。




選挙っていうのはほら、一人一票なわけですよ。
どんなに納税額が多かろうが、全く納税してなかろうが
どんなに地域貢献してようが、周囲から名士と呼ばれようが
何をどうあがいたって、一人一票は揺るぎないものだし
お金で買い取ったら、それはほら、犯罪なわけです。


で、AKBの総選挙ってあれじゃないですか。
CDを買ったらその中に同封されてる
投票券だか何だかで投票できる仕組みなんですよね?
したことないからわからんけどw

そしたら、大量にCDを買った人は大量に券があるわけで
制限もないわけだから一人何票でも入れられる
いわゆる一人組織票があるわけですよ。
凄い人は100票とか持ってたりするわけです。


で、決める内容っていうのは

「私がセンターになったあかつきには
 AKBをこれこれこういう組織にします!!」

とかいう人を決めるわけじゃなくて
誰がテレビに出るかとか、センターを飾るかとか
まぁそういう事を決めるわけですよね?






これってどう考えても「株主総会」じゃないのかと。。




投資額の多い人がより大きい発言権を持って
そして、その発言権によって次の人事が決まる。
でもって決まった人事が気に入らなければ
翌年の総会で、次の抜擢人事が行われる。
そしてそれに発言したい人はより多くの投資を
行い、より大きな発言権を得る事ができる。


総選挙っていうとなんかちょっとクリーンな
イメージがあるけど、株主総会っていういうと
ちょっとダーティーで泥臭いイメージがあるけど
やっぱり何をどう考えても、これは株主総会だよなぁ。。。








ま、そんな事はどーでも良くて7/10は参院選。






めんどくさかったり、誰に入れても同じだとか思う人も
多いかもしれませんが、自分たちの代表を決めて
この先どんな風な社会にしていくのかを決める大切な日です。

某都知事が袋だたきにあってるニュースがホントに
目立ったりしますが、それを決めたのは他の誰でもない、私たちです。


政治家を見れば、その国の国民レベルが解ると言われています。



来月7/10は日曜ですが、投開票日です。



予定があるかもしれませんが、まずは投票に行きましょう☆


*CommentList

因果の果て

わざわいなるかな、
不義の判決を下す者、暴虐の宣告を書きしるす者。
彼らは乏しい者の訴えを引き受けず、
わが民のうちの貧しい者の権利をはぎ、
寡婦の資産を奪い、みなしごのものをかすめる。
あなたがたは刑罰の日がきたなら、
何をしようとするのか。
大風が遠くから来るとき、
何をしようとするのか。
あなたがたはのがれていって、
だれに助けを求めようとするのか。
また、どこにあなたがたの富を残そうとするのか。


     旧約聖書イザヤ書 第10章1-3節








ネガティブな考え方はしないように努めてきた。

言葉は言霊。
人の心を種として覆い茂る言の葉。
だから口からでる言葉も、こうしてブログに綴る言葉も
それが一人歩きして自分の中を覆ってしまわないよう
思考だけでなく、心からポジティブな方向へと考えられるよう
いろんな事が起こっても、何かを言われてもそう努めてきた。
忙しいという表現も使わないようにした。
心を亡くしてしまいたくなかったから。

でもやっぱり現実は非情だ。

投げかけられる言葉全てをどうしても
ネガティブに捉えてしまうようになって
もう数ヶ月くらい過ぎた。
たぶん、発する言葉も徐々にネガティブな
言葉を選んで発しているような気もするし
思考がネガティブ方向から離れる事もない。

そしてそれとは別に少し離れた場所から
客観的にそれを見ている自分もいる。

この人ホントにネガティブやなぁ。。
そんな事やからストレスが溜まるし
うまくいくはずのものまでうまくいかんのよ。。

と、自分自身を客観的に見てる。
だけど、ネガティブ方向からすくい上げる事はできない。
ただただ、一つの事象として捉え、そして
ただただそれを客観視して分析してるだけ。

そしてまたその分析結果に対してネガる。

やさしい言葉をかけられるのに慣れてないから
突然舞い降りてくるやさしい言葉も反射的に傘をさして
払い除けるかのごとく、あえてスルーしてる自分がいる。
というか、耳に入ってこない。
耳に入ったとしても、それは逆に重圧に変わる。
自然と耳に残るのはダメ出しされている内容だけ。
本当に私は認められているんだろうか。
本当に私は必要とされているんだろうか。

そんな事を想う自分に嫌気がさす。

本当に必要とされていないんだったら
さっさと追い出されるに決まってる。
本当に認められていないんだったら
今のポジションにこうして居座れるはずもない。
そんな事わかりきってるはずなのに
どうしてもそれを受け入れられない自分がいる。
私は必要とされていない。

かまって欲しい自分がいる。
ほっといて欲しい自分がいる。
聞いて欲しい自分がいる。
聞かれたくない自分がいる。

そうこうしているうちにふと思う。
今の自分に目標とか夢とかってあるんだろうか。
いったい今の私はどこに向かって歩いてるんだろうか。
未だに私はあの日から抜け出せてはいないんだろう。
それくらい私の中では痛い出来事だった。

周りが私を拒絶しているのではなく
私が周りを拒絶しているのも理解できる。
もう痛い思いをしたくないから。
こういう人にかける言葉なんてものはない。
放っておくのが一番の薬になるのもわかる。

そうやって冷静な私と、感情的な私が
同時に存在し、そしてどんどんとネガティブな
ループへとはまっていってしまっている。

だいぶ病んでるな、これは。
でも本当に病んでるんだろうか。
冷静に見えてる自分はいったいなんだろうか。
いったいこれはどういう状況なんだろうか。

私は今、軸がない。
軸がないからフラフラする。
そしてその軸からあえて離れようとしている。
私はいったい何をしようとしているんだろうか。
私はどこへ向かって走ってるんだろうか。

今の私は冷たいも熱いもない。
口から吐き出されてしまう生ぬるい存在。

私は幸せだ。前の生活より豊かになった。
なんの不自由もない。
と想っていたけれど、やっぱり私は
みじめな者、あわれむべき者
貧しい者、目の見えない者、裸な者
だったんだとこの前気づいた。

これが私の業の結果。
不幸な人を創ってしまった因果の果て。
この先、どうなるかはわからない。
けど、ここにこうして書けるようになったって事は
ある程度回復してきているのかもしれない。



けど・・・・・


考えても仕方が無い。
そうやって明日も渦の中をクルクル回る。
*CommentList

左サイドMenu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

最新記事

映画レビュー50音順

2014年に見た映画レビュー

ゼロ・グラビティ
永遠の0
マシンガン・シスター
インシディアス
タイタンの戦い
僕のエリ 200歳の少女
アザーズ
ラビット・ホラー
悪魔の毒々モンスター(ノーカット無修正版)
ルーム205
バレンタイン・デー
ドラマ「グリム」
ラスト・エクソシズム
凶悪
ザ・ウォード 監禁病棟
サプライズ
コレクター
ザ・ウォード 感染病棟
ショーン・オブ・ザ・デッド
死霊館
白ゆき姫殺人事件
陽だまりの彼女
ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト
APP
コンプライアンス 服従の心理
テール しっぽのある美女
エスカレーション
地獄でなぜ悪い
ザ・インシデント
ポンペイ
ノア 約束の舟
わたしのハワイの歩きかた
渇き。
呪怨 -終わりの始まり-
アルカナ
冷たい熱帯魚
V/H/S シンドローム
四十九日のレシピ
サイド・エフェクト
喰女
ウルフ・オブ・ウォールストリート
V/H/S ネクストレベル
さよなら渓谷
インシディアス第2章
ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛
ゴースト・エージェント R.I.P.D.
MAMA
エビデンス -全滅-
ルームメイト
探偵はBARにいる
JUDGE/ジャッジ
ワールズ・エンド
紙の月
スノーホワイト
モンスター上司
ダウト~あるカトリック学校で~
ゴーン・ガール
コンテイジョン
SPドラマ ストロベリーナイト
そして父になる
誰も得しない2014年ランキング

右サイドメニュー

プロフィール

まお

Author:まお
BPBMd_UCUAAD2vt.jpg
オカルト好きを拗らした人の日記。
ここ最近は社畜系。ネトゲのPSO2やってます。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは常に募集中です♪

ブログランキングに参加してます。
1日1回ポチっとしてくれるとうれしいです(^_^)


つぶやき ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

bnr.gif
ブログ王ランキングに参加中!

メールフォーム

相互リンクやお問い合わせ等については
こちらのメールフォームからお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

リンク先の最新記事

PSO2:ALBION

albion.jpg
ネトゲのPSO2でマスターやってる
チームのサイトです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。