アストラルに魅せられて

アラサーOLまおのゆとりな徒然絵日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「マレフィセント」レビュー

グリム童話「いばら姫」をあの超巨大メディアコングロマリッド
であるディズニーによって実写化、内容もディズニーが自ら作った
「眠れる森の美女」を更に変化・リメイクして作った映画「マレフィセント」。









真実の愛とは何か?というテーマがメインで
私的には普通にイイ感じな映画でした。

眠れる森の美女よりも理屈が通るというか
平和主義でお花畑な従来のディズニーではなく
より現実的で、核心を突いてるような感じもします。
原作の「いばら姫」より私はこっちのが好きかもです。

ではいつものようにネタバレを含んだレビューに入る前に
原作、グリム童話の「いばら姫」をすこーしおさらいしますです。







昔々、ある王国に王様とお后様がいました。
彼らに子どもは無く、いつも子どもが欲しいと嘆いていました。

お后様が池で水浴びをしていると一匹の蛙が現れます。
そして「1年以内に子どもが産まれるでしょう。」と謎の予言を残します。

蛙の言ったことは本当で、女の子を授かります。
大変喜んだ王様は、大宴会を開くことを思いつきます。
そして国にいる12人の魔法使いを城に招待し
この産まれてきた子に様々な祝福を与えようとします。

この王国には魔法使いが13人いたのですが、1人は大変
悪い魔法使いだったので、お城へは招待しなかったのです。

宴会はとても豪華に開かれ、終わりになったとき、魔法使いたちが
赤ちゃんに魔法の祝福を授けました。美徳を、美しさを、富を・・・
人がこの世で望むあらゆるものを魔法により授けていきました。

11人目の祝福が終わったあと、招待されていなかった13人目の
魔法使いが突然現れました。招待されなかった事の復讐をしようと
「この子は16歳の誕生日の前に紡錘に刺され、倒れて死ぬのだ。」
と呪いをかけてしまい、颯爽とお城から出て行ってしまいました。

この13人目の魔法使いは王国の中でも一番魔力が強く
この呪いを解くことはできませんでしたが、12人目の魔法使いは
この呪いを弱め、上書きすることはできました。
それは「死ぬ」のではなく、「100年の眠りに落ちる」という事。

呪いを恐れた王様は、国中の紡錘を集め、全て燃やしてしまいます。

あらゆる祝福を受けた姫は、皆から愛されすくすくと育ちます。
16歳の誕生日を迎える前日、国王の所用により姫は
一人、城中で留守番をすることとなってしまいます。
ありとあらゆる所を巡り、残された場所は行ってはいけないと
言われていた昔の塔だけとなってしまいます。

その塔へ登った姫は糸を編んでいるおばあさんに会います。
そのおばあさんは13人目の魔法使いで、呪いの通り指を
紡錘で突き刺してしまいます。

このとき、呪いが発動し、姫は永い眠りについてしまいます。
そしてこの「眠り」は城中にも広がって行き、帰ってきた王様や
お后様、兵士やコック達も深い眠りに落ちてしまいました。

誰の手入れもされないお城の周りでは茨の垣ができてきて
だんだんとその垣は大きくなり、とうとうお城を覆い隠すほどに
成長し、外からはお城がある事すら分からなくなってしまいます。

この話は国中を駆け巡り、人々はこの姫をいばら姫と呼びました。

美しい祝福された姫をもらおうと、近隣国の王子達がやってきて
茨の垣を通り抜けて城に入ろうと試みましたが、入れませんでした。

まるで手のように茨が絡みついてきて、王子達はそれらを
ほどくことが出来ず、死んでしまったのです。

長い長い年月が経ち、この国に一人の王子がやってきます。
茨の山を見ていると老人が寄ってきて「いばら姫」の話をします。

死んでしまっていった王子同様、その姫に心を奪われた王子は
老人の忠告を聞かず、同じく茨の道を進んでいきます。

しかし、茨は王子に絡みつかず、むしろ避けていき
ある場所では花になったりもしていました。
ちょうどこのとき、100年が経っていて姫が眠りから覚める時が
近づいていたのでした。

無事お城に着いた王子は眠っている兵士達を横目に
いばら姫を探します。そして塔の中で彼女を見つけます。

姫がとても美しいので王子は目をそらすことができませんでした。
そしてかがみこむとキスしました。しかし、キスした途端、姫は
目覚め、とても可愛らしく王子をみつめました。

二人が塔を降りていくと共に、城中で眠っていた
王様やお后様、兵士達みんなが目覚めていきました。

こうして二人は結ばれ、死ぬまで幸せに暮らしましたとさ。


                       ~ Fin ~





以上が原作「いばら姫」の内容です。
「眠れる森の美女」とも少し違いますねw

これらを踏まえて、ネタバレを含んだレビューを続けます。






以下ネタバレを含みます。








原作「いばら姫」では一つの王国内での話
でしたが、本作では二つの王国があります。

一つは人間の国、もう一つは妖精の国です。

人間は魔法を使う妖精を恐れて妖精の国へは
近づきませんでしたが、一人の少年が入り込みます。

その時、力の強い妖精マレフィセントと出会い
毎日遊んでいるうちに恋に落ちてしまいます。

てか、このマレフィセント。
見た目にはどこからどうみても悪魔ですww

なんですか!!その禍々しいホーンと翼わww
小悪魔的なかわいらしい角ではなく、子どもなのに
凄まじく立派なその角は確実に悪魔のホーンですww

そして人間の男は成長するにつれ、欲にまみれてしまい
しだいとこの二人は逢うこともなくなっていきます。

ある日、人間の王は妖精の国制覇のため派兵します。

が、強力な魔法を使う女王マレフィセントの
チート攻撃によりあっけなく撃破。。。

命からがら逃げてきた王は寝たきりに。。

そしてマレフィセントを討ち取った者には
次の王位を継承するという約束をします。

そして出てくる元彼です。
元彼的立場を利用して彼女に近づき眠らせ
殺そうとしますが、それはやっぱりできずに
彼女の立派な翼をもぎ取ってしまいます。

それを王に献上し、元彼は王位を継承します。

これによって見た目は悪魔でも、心は綺麗
だったマレフィセントは身も心も悪魔に変貌します。。

そして王になった元彼にも子どもができ、その宴の時に
妖精の国からも祝福のために3人の妖精が派遣されますが
宴の最中に元カノ:マレフィセントが会場へ乱入。

例の呪いをかけるのですが、その内容は
「真実の愛によって姫は目覚めることができるであろう。」

という、かなり当てつけみたいな情けもかけます。

というか、二人ともわかっているのです。
真実の愛というものなど、この世には存在しないと。。

この辺りは素晴らしいですね!!
ディズニーにしてはかなり突っ込んでると思います。

男女間における「真実の愛」なんていうものは無い!
と、この映画でハッキリと言い切ってしまっています。

ではどうやってこの呪いが解かれるのか。

これは見てたら普通に思いっきり想像つくし
特にもったいつける必要もないと思うので
言っちゃいますけど、それは「父母の愛」です。

親が子を想う愛、子が親を慕う愛。

この愛によってオーロラ姫は目覚めます。


これについては納得をせざるを得ません。


男女間には真実の愛なぞ存在せず
愛があったが故に、それが恨みへと発展する。
故に親子の間にのみ、真実の愛が育まれる。
そしてその関係は血の関係がある本当の親子間
ではなく育ての親、お互いが認め合った親子の絆に
よってのみ、真実の愛というものが産まれる。

そしてこれをディズニーがやっちゃいますか!

イイですね~、イイですね~♪
かなりチャレンジしちゃってますね~ww

映画的にもファンタジー映画によくある魔法描写も
綺麗に出来てるし、アクションも充分にあるので
親子やファミリーで見るには綺麗にまとまってるし
退屈する事も無く、とてもイイ映画だと思います。


シルバーウィークに是非是非ファミリーでどうぞです☆

スポンサーサイト

Comment

シルバーウィーク?
なにそれ、美味しいの?

とりあえず、まおさんのレビューで観たことにしよう(^_^;)
  • posted by まぎ
  • URL
  • 2015.09/06 21:53分
  • [Edit]

元カノw

映画好きとは言えないワタスにとって確立は低いけど、
こうして、よく知ってるお話に出会うことも、たまにある。
まおさんのレビューで新たな映像(ほぼ妄想)浮かびました。
「いばら姫」も、とても分かりやすかった。
  • posted by ジャン
  • URL
  • 2015.09/08 20:20分
  • [Edit]

>まぎさん
 私の歪みきったレビューで見た事に
 しちゃうと大変な事になってしまうかも><

>ジャンさん
 私的には「いばら姫」はそんなに好きな話
 でもないんですが、マレフィセントはイイと思いました^^
  • posted by まお
  • URL
  • 2015.09/11 14:55分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

最新記事

映画レビュー50音順

2014年に見た映画レビュー

ゼロ・グラビティ
永遠の0
マシンガン・シスター
インシディアス
タイタンの戦い
僕のエリ 200歳の少女
アザーズ
ラビット・ホラー
悪魔の毒々モンスター(ノーカット無修正版)
ルーム205
バレンタイン・デー
ドラマ「グリム」
ラスト・エクソシズム
凶悪
ザ・ウォード 監禁病棟
サプライズ
コレクター
ザ・ウォード 感染病棟
ショーン・オブ・ザ・デッド
死霊館
白ゆき姫殺人事件
陽だまりの彼女
ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト
APP
コンプライアンス 服従の心理
テール しっぽのある美女
エスカレーション
地獄でなぜ悪い
ザ・インシデント
ポンペイ
ノア 約束の舟
わたしのハワイの歩きかた
渇き。
呪怨 -終わりの始まり-
アルカナ
冷たい熱帯魚
V/H/S シンドローム
四十九日のレシピ
サイド・エフェクト
喰女
ウルフ・オブ・ウォールストリート
V/H/S ネクストレベル
さよなら渓谷
インシディアス第2章
ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛
ゴースト・エージェント R.I.P.D.
MAMA
エビデンス -全滅-
ルームメイト
探偵はBARにいる
JUDGE/ジャッジ
ワールズ・エンド
紙の月
スノーホワイト
モンスター上司
ダウト~あるカトリック学校で~
ゴーン・ガール
コンテイジョン
SPドラマ ストロベリーナイト
そして父になる
誰も得しない2014年ランキング

右サイドメニュー

プロフィール

まお

Author:まお
BPBMd_UCUAAD2vt.jpg
オカルト好きを拗らした人の日記。
ここ最近は社畜系。ネトゲのPSO2やってます。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは常に募集中です♪

ブログランキングに参加してます。
1日1回ポチっとしてくれるとうれしいです(^_^)


つぶやき ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

bnr.gif
ブログ王ランキングに参加中!

メールフォーム

相互リンクやお問い合わせ等については
こちらのメールフォームからお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

リンク先の最新記事

PSO2:ALBION

albion.jpg
ネトゲのPSO2でマスターやってる
チームのサイトです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。