アストラルに魅せられて

アラサーOLまおのゆとりな徒然絵日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ザ・イースト」レビュー

環境テロリストとそこへ潜入する民間の調査会社
を描いた社会派サスペンス映画「ザ・イースト」。







利益の追求か、環境保護か。
とても考えさせられるテーマを扱った映画です。

この映画で取り扱っている環境保護は単純な地球環境へ対する保護
ではなく、その被害が人間にまで及んでしまっているケースです。

例えば薬害であったり、汚水配水による貧困層への健康被害
など、「被害者」がいるけれども、その根拠等が乏しく法的な制裁が
加えられない企業に対する「目には目を」を目的としたテロ行為です。

そしてその集団へ潜入して調査し、FBIと連係して逮捕する
民間の調査会社エージェントが物語の主人公です。

暴力的なテロ行為を行うイーストが正しいのか、それとも
企業側ではなく、そのテロ行為を取り締まる側が正しいのか。

あまり派手派手しい演出はないし、潜入エージェントと言っても
よくあるスパイ映画にあるようなハイテクを駆使して工作する
アクション盛りだくさんな事も無いので、かなりリアルに近い
映画じゃないんだろうかと思います。
そしてそのテロ集団も環境汚染を行う企業の被害者だったり
するので、実際にテレビで見かけるような環境保護団体とは
思想がちょっと違うというか、至極真っ当に思えます。

反原発など日本でも独自の環境問題がありますが、その辺の
事も私なりの考えやネタバレを含んだレビューは続きます。








以下ネタバレを含みます。







人間が文明を営む上でどうしても表裏一体と
なってしまうのが環境破壊問題。
環境破壊を行う企業が悪いのか、それを見て見ぬ振り
をする国が悪いのか、それともその恩恵を受けながらも
知らない振りをして、もしくはそんな概念すら持っていなく
その文明を謳歌している人々みんなが悪いのか。

日本でも3.11以降、反原発を訴える人が多くなり
街を歩いていても、少数ですがそういうデモを
電力会社周辺で行っている人を見かけたりします。

私個人としては即やめるのは無理にしても
100年とかいう大きな流れの中で次第と別の方向で
社会的なインフラを整えていく、緩やかな脱原発派です。

ただ単純に反対しても、どうしようもないと思います。
この映画の中でも出てきますが、例えば食品です。
まだ食べられる食品をゴミ箱からあさって食べるという
これはアメリカで実際にある運動らしく、お金持ちも
やったりしてるという事らしいんですけど、どうでしょう?

日本は食料品の最大の輸入国だとも言われていますが
その廃棄食品、フードロスももの凄い量となっているのを
ご存じでしょうか?
企業が出している廃棄食糧が約800トン近くあり
家庭が出している廃棄食糧が約1000トンで
合計約1800トンの食品が毎年捨てられています。

これは、アフリカの約3カ国の年間必要量とほぼ同じ
量とも言われていています。
どのスーパーへ行ってもどのコンビニへ行っても
どのような時間帯へ行っても、品切れすること無く
並ぶ生鮮食品や加工食品、高度な品質管理が行われ
まだ食べられるものでも、売れなければ捨てられていき
そして、また新たな同じ食料品が棚へ並んでいきます。

この現状を手放すことは、はっきり言って無理だと思います。
一度手に入れてしまった、覚えてしまった快楽を人間は
たやすく手放すことは出来ないし、私もそれは出来ない。

この破棄される食品を移送するため、加工するため
販売するため、あらゆる事に人の手とそれに伴う
経済効果、そしてそれを支える電力インフラ。

今のこの「豊かな社会」を手放さないと、環境問題
なんて絶対改善されないし、既に半世紀以上使って
できあがった社会システムを即座に崩す事も不可能です。
節電とかも確かに大事ですけど、それ以上の直接的に
見えない、当たり前の世界となってしまっている
中にこそ、大事な事がたくさん隠されてると思います。

そこにどう向き合って、どう改善していくかという
根本的な事を考えないと、単純に代替エネルギーが
どうたらこーたらという話では解決しないと思ってます。

そういった意味で、この映画のメッセージ性は
派手さはないにしても、強烈だと思います。

潜入することで、彼らの思想に感化されていく
女性エージェントは自分自身をその狭間で
思い悩んで、そして今までの自分、恋人ととの
結婚とかも全て捨ててしまう判断をし、調査会社を
裏切ってしまうわけですけど、まぁそれも仕方ないかなと。。

目には目をの制裁を加えていくイースト。
薬害の会社には、その副作用のでる薬を会社のパーティ
で配られるシャンパンに混入させ、役員や社長に飲ませたり
汚染水を配水している企業へは、社長夫婦をその水に
浸からせたりと、かなり陰湿ですが自分たちのしてきたことを
思い知るには充分な制裁を与えていきます。

その情報をキャッチして自分のボスへ連絡するエージェント
ですが、その企業はうちの顧客じゃ無いから放っておけ
と指示されて、たぶん、その辺から彼女の中で何かが
動き出したんじゃないかなと思います。

イーストの主犯と関係を持ってしまうところや
エージェントとばれた後の行動とかについては
まぁツッコミ所は多々あるんですけど、まぁそれはね。。

良しとしておきましょうww

ラストは完全に別の運動家になっちゃうんだけれども
イーストと決定的に違うところは暴力的ではない所。
ありっちゃーありだし、無難な所で終わらせた感が
無きにしも非ずですが、映画の持つメッセージ性が
強くて、まぁあんまり気にならないレベルですかね。

環境問題ってホント難しいと思います。。

スポンサーサイト

Comment

環境問題は難しいですね( ̄▽ ̄) 僕は手に取ることはない映画かも(´・Д・)
  • posted by 東雲 桜
  • URL
  • 2015.02/15 20:33分
  • [Edit]

NoTitle

>桜さん
 まぁ、いろいろありますからね
  • posted by まお
  • URL
  • 2015.02/16 16:25分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

最新記事

映画レビュー50音順

2014年に見た映画レビュー

ゼロ・グラビティ
永遠の0
マシンガン・シスター
インシディアス
タイタンの戦い
僕のエリ 200歳の少女
アザーズ
ラビット・ホラー
悪魔の毒々モンスター(ノーカット無修正版)
ルーム205
バレンタイン・デー
ドラマ「グリム」
ラスト・エクソシズム
凶悪
ザ・ウォード 監禁病棟
サプライズ
コレクター
ザ・ウォード 感染病棟
ショーン・オブ・ザ・デッド
死霊館
白ゆき姫殺人事件
陽だまりの彼女
ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト
APP
コンプライアンス 服従の心理
テール しっぽのある美女
エスカレーション
地獄でなぜ悪い
ザ・インシデント
ポンペイ
ノア 約束の舟
わたしのハワイの歩きかた
渇き。
呪怨 -終わりの始まり-
アルカナ
冷たい熱帯魚
V/H/S シンドローム
四十九日のレシピ
サイド・エフェクト
喰女
ウルフ・オブ・ウォールストリート
V/H/S ネクストレベル
さよなら渓谷
インシディアス第2章
ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛
ゴースト・エージェント R.I.P.D.
MAMA
エビデンス -全滅-
ルームメイト
探偵はBARにいる
JUDGE/ジャッジ
ワールズ・エンド
紙の月
スノーホワイト
モンスター上司
ダウト~あるカトリック学校で~
ゴーン・ガール
コンテイジョン
SPドラマ ストロベリーナイト
そして父になる
誰も得しない2014年ランキング

右サイドメニュー

プロフィール

まお

Author:まお
BPBMd_UCUAAD2vt.jpg
オカルト好きを拗らした人の日記。
ここ最近は社畜系。ネトゲのPSO2やってます。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは常に募集中です♪

ブログランキングに参加してます。
1日1回ポチっとしてくれるとうれしいです(^_^)


つぶやき ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

bnr.gif
ブログ王ランキングに参加中!

メールフォーム

相互リンクやお問い合わせ等については
こちらのメールフォームからお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

リンク先の最新記事

PSO2:ALBION

albion.jpg
ネトゲのPSO2でマスターやってる
チームのサイトです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。