アストラルに魅せられて

アラサーOLまおのゆとりな徒然絵日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ダウト ~あるカトリック学校で~」レビュー

正義とは何か?正しい事とは何か?
疑惑と確信の間にあるモノとは何か?
映画「ダウト ~あるカトリック学校で~」。








疑惑という名のタイトルがついたこの映画。
結構深くてイイ映画だと思います。

必ずしも正義と正しい事というのは一致しない。

これは私の持論というかよく使うフレーズです。
正義って何なんでしょうか?
社会通念的に悪いと思える事を断罪し、自らの正当性を誇張し
そしてその相手を屈服させることが正義なのでしょうか?
正論を振りかざして、相手の非を打つ事が正義なのでしょうか?

大義名分や一般的に正しい事を行う事は正義かもしれませんが
その手法や、正義を行う者の考え方が歪んでしまっていれば
それは見た目上正義であったにしても、正しい事ではないと
私は思います。

悪を排除するためには一時的には神と距離を
とってしまう事も致し方が無い。

本当にそうなのでしょうか?
人間は神の名の下に裁きの鉄槌を下すことが
本当に許されているのでしょうか?

ただ言える事は、私は正義の執行は嫌いです。
Aという人にとっては正義であっても、それは
Bという人にとっては正義ではないかもしれない。
全ての人に共通な正義なんてものは無いと思ってます。

たぶん、この映画は見る人の価値観によって
評価が全く変わってしまう、そんな映画だと思います。

今の世界情勢的にもよく出る欧米、キリスト教圏の正義。

聖書の中でイエスはそんな事を言ってはいないのに
それでも、そうしてしまう人間の心の弱さを浮き彫りに
描いたこの映画のネタバレを含んだレビューを続けます。








以下ネタバレを含みます。








神父にかけられたこの疑惑について一体どうだったのか?
という結論についてはわかりません。
私はそれでイイと思うし、この映画で触れたかった事はそこではない。

神父がちょっと不審な感じだと思った、若いシスターが
教会の運営する私立学校の校長に相談した事から
はじまる、人間の心の弱さが次々へと描かれます。

厳格なカトリックのシスターである校長と、その教会に
赴任してきている神父との諍いがどんどん大きくなる。

神父はある程度寛容であり、厳格すぎるシスターの事を
たぶん、良くは思っていないだろうし、シスターはこの
神父のことを良くは思っていない。
そんな心の溝状態が、一つの疑惑を皮切りに
決定的な対立へと変わっていき、シスターの思い込みが
更に彼女自身の心をむしばんでしまうという負の連鎖を産みます。

そして疑惑の一端となっている黒人少年については
救われることも無く、その後どうなったのかもわかりません。
神父と彼は本当に性的な関係にあったのか?
父親に暴力をふるわれる本当の理由はなんだったのか?

神父は彼の悩みを聞いただけなのか、それとも
その悩みをダシにして彼に近づいていったのか。

彼の本当の悩みが明るみに出ることを恐れた神父が
事が大きくなる前にその場を離れ、シスター校長の
思惑通り、学校から排除する事ができたのか
それとも、本当にそのような行為があったのか。

本当にそこまでして神父を学校から追放する
理由はあったんでしょうか。

結局の所、神父は別の教会学校の主任司祭として
栄転する事となり、疑惑の対象となった黒人少年は
理解者を失い、彼を救いたいと言った神父はこの
学校を離れてしまい、神父を追放する事にとらわれてしまった
シスター校長は、罪の意識にさいなまれてしまう。。

疑惑を追求し、正義を貫き通したが
結果は誰も救われていない。

劇中、シスター校長から罪を問われる神父は彼女にこう言います。
今まであなたは罪を犯したことが無いのか?

これは聖書に出てくる姦淫した女に直結してると思います。

姦淫した罪は石打ちの死刑となり、その石打ちの場に出くわした
イエスが、この中で罪を今まで一度も犯したことの無い者だけが
石を投げても良いと言うと、誰も石を投げなくなったと言う
前にこのブログでも取りあげたマグダラのマリアと同一視
されるあの有名なエピソードですね。

校長自らは罪を犯したがそれは神に告白することで赦しをもらった。
神父も同じだと言うが、それを聞き入れる事の無いシスター校長。

神父を追い出すために嘘をつき、最初に神父がおかしいと
告白してくれたシスターも心に傷を負い、夜も眠れなくなり
追い出すためについた嘘と、罪に悩み心が救われない校長。

私の嫌いなLAWの思想。
自分たちの勝手な思い込みと尺度で他人を断罪し
正義の名の下で、その枠に入らない者を駆逐していく人達。

結局、それで幸せになれる人はいない。

キリスト教圏の人々が今も抱えている矛盾。
そんな人達にも、愛の心で接せよと説いている聖書。
でも現実はそうなっていないように思います。

教えを厳格に守ることが信仰なのでしょうか。
正義を掲げて相手を打つ事が正しい事なのでしょうか。

神父の説教も結構面白いというか、考え深いとういか
懐かしさも思えたこの映画、描かれてる時期もクリスマス前
という事もあって、今見てみるのもイイのかもですね(^_^)b


スポンサーサイト

Comment

(肝心なときに意見をまとめられないで申しわけない)
とても心に響くレビューですね。ずーん…と。
「まおさん、これ以上わたすを惚れさせてどーするっていうの」
……というジャスティス・ハラスメント。失敬。
  • posted by ジャン
  • URL
  • 2014.12/08 05:42分
  • [Edit]

正義なんてモノを持ってるのは人間だけだ
  • posted by りな
  • URL
  • 2014.12/08 07:36分
  • [Edit]

No title

>ジャンさん
 (´∀`*)ウフフ
 ありがとです♪

>りなさん
 まぁねぇ~。
 あえて言えば、神と人間ですかね。
 
  • posted by まお
  • URL
  • 2014.12/08 14:31分
  • [Edit]

だから戦争が絶えないんだよね(>人<;)
  • posted by 東雲 桜
  • URL
  • 2014.12/08 17:46分
  • [Edit]

No title

おもしろい映画だなあと思ったけどクリスマス前に暗い気持ちになりたくないわw
  • posted by プロ
  • URL
  • 2014.12/09 22:07分
  • [Edit]

No title

>桜さん
 ん~、戦争となるとまた別の要因も複雑に絡んできたりも
 するとは思うんですけど、根幹的な考え方はこの方向だと
 思ってるんですよね~。

 戦争に限らず争い事はホント良くないです。

>プロさん
 あれww
 ダイジョブダイジョブ
 暗い気持ちにならないと思う。。たぶん。。。きっと。。。。

 うん・・・

  • posted by まお
  • URL
  • 2014.12/12 13:06分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

最新記事

映画レビュー50音順

2014年に見た映画レビュー

ゼロ・グラビティ
永遠の0
マシンガン・シスター
インシディアス
タイタンの戦い
僕のエリ 200歳の少女
アザーズ
ラビット・ホラー
悪魔の毒々モンスター(ノーカット無修正版)
ルーム205
バレンタイン・デー
ドラマ「グリム」
ラスト・エクソシズム
凶悪
ザ・ウォード 監禁病棟
サプライズ
コレクター
ザ・ウォード 感染病棟
ショーン・オブ・ザ・デッド
死霊館
白ゆき姫殺人事件
陽だまりの彼女
ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト
APP
コンプライアンス 服従の心理
テール しっぽのある美女
エスカレーション
地獄でなぜ悪い
ザ・インシデント
ポンペイ
ノア 約束の舟
わたしのハワイの歩きかた
渇き。
呪怨 -終わりの始まり-
アルカナ
冷たい熱帯魚
V/H/S シンドローム
四十九日のレシピ
サイド・エフェクト
喰女
ウルフ・オブ・ウォールストリート
V/H/S ネクストレベル
さよなら渓谷
インシディアス第2章
ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛
ゴースト・エージェント R.I.P.D.
MAMA
エビデンス -全滅-
ルームメイト
探偵はBARにいる
JUDGE/ジャッジ
ワールズ・エンド
紙の月
スノーホワイト
モンスター上司
ダウト~あるカトリック学校で~
ゴーン・ガール
コンテイジョン
SPドラマ ストロベリーナイト
そして父になる
誰も得しない2014年ランキング

右サイドメニュー

プロフィール

まお

Author:まお
BPBMd_UCUAAD2vt.jpg
オカルト好きを拗らした人の日記。
ここ最近は社畜系。ネトゲのPSO2やってます。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは常に募集中です♪

ブログランキングに参加してます。
1日1回ポチっとしてくれるとうれしいです(^_^)


つぶやき ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

bnr.gif
ブログ王ランキングに参加中!

メールフォーム

相互リンクやお問い合わせ等については
こちらのメールフォームからお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

リンク先の最新記事

PSO2:ALBION

albion.jpg
ネトゲのPSO2でマスターやってる
チームのサイトです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。